マイクロチップ 直径約2mm_長さ約12mm
直径約1~2mm_長さ約8~12mmの円筒形のガラス又はポリマーのカプセルで包まれた小さな電子標識器具です。これが「動物の小さな名札」個体識別マイクロチップです。
チップには、国コード、動物種コード、メーカーコード、個体番号等が組み合わされた世界でただ一つの個体識別番号が標識されています。チップを装着した動物とその飼い主さんのデータは日本獣医師会のデータベースで管理されており、チップが装着された動物が発見された時には、読みとった個体識別番号をデータベースに照会することによって、即座に飼い主さんの電話番号等の検索が可能で、飼い主さんに連絡をとることができます。特に、地震等の大災害の際には、チップが動物と飼い主さんを結び付ける確実な絆となることはいうまでもありません。
チップに書かれている番号は、専用の「リーダー」という器具を使って読むことができます。リーダーをチップに近づけると、リーダーが発する電波にチップが反応して番号を送り返します。これをリーダーが感知して番号を読み取るのです。チップ自体は電源を必要としないので、電池の交換は必要なく、一度動物の体内に装着されれば一生交換する必要はありません。
専用のリーダーは、全国の動物愛護センターや保健所、警察や多数の動物病院など、動物が保護される可能性のある施設に配備されており、マイクロチップ番号の読取りが行われています。

 

マイクロチップの装着と登録、データの変更登録

チップは動物病院で獣医師に装着してもらいます。装着の方法は、一般的な皮下注射とほとんど変わらないため、動物への負担はそれほどありません。また、装着されたチップは、動物の体の中を移動しないように表面に特殊な加工がされています。安全性についても、さまざまな臨床試験が行われて証明されています。マイクロチップの装着に関することは、三重県獣医師会の会員動物病院又はかかりつけ動物病院にご相談ください。

マイクロチップのテータ登録が必要です。

マイクロチップを犬や猫に装着しただけでは、万が一迷子になってもどなたが飼い主さんなのか分かりません。装着したマイクロチップの番号、飼い主さんの連絡先等の情報必ず登録(データ登録)手続きが必要です。登録の申込みをしてから2~3週間で登録が完了します。登録が完了すると「データ登録完了通知書(ハガキ)」を登録住所にお届けします。後に住所・連絡先等の変更時に必要なハガキですので、大切に保管してください。
装着費用は、動物の種類や動物病院によって異なりますが、数千円~1万円くらいが一般的です。
また、装着されたマイクロチップ番号等を登録する登録料は別に1,000円(2019.10.1からは1,050円)かかります。

■登録したデータを変更する場合の手続き

登録したデータに変更がある場合(飼い主さんの変更、連絡先の変更、死亡による削除等)は、「データ登録完了通知書(ハガキ)」(もしくは申込書の「飼育者控」)をコピーし、そのコピーの余白に変更事項を記入して、郵送又はFAXで、日本獣医師会あてにお知らせください。メールの場合は、コピーの代わりに画像を撮り、メールに添付して、本文に変更点やデータ削除などを記載して送信してください。「データ登録完了通知書(ハガキ)」もしくは登録申込書の「飼育者控」を両方とも紛失された場合には、ご本人確認が必要ですので、直接お電話で日本獣医師会にご連絡ください。
飼い主さんに変更があった場合にのみ、新しい飼い主さんに「データ登録完了通知書(ハガキ)」を郵送します。その他の変更にでは変更完了の通知はありませんので、ご了承ください。どうしても確認が必要な時は、日本獣医師会にご相談ください。
一度登録すると、その後のデータ管理等にかかる費用はかかりません。データの変更につきましても費用はかかりません。

公益社団法人日本獣医師会
マイクロチップデータ登録窓口
〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館23階
TEL:03-3475-1695(自動音声案内)
FAX:03-3475-1697
E-mail:mc★nichiju.or.jp (メール送信時には★を半角@に変えて送信してください)

動物検疫

動物を連れて国と国の間を移動する場合には、各国の動物検疫の規則に従う必要があります。
日本では2004年に「犬等の輸出入検疫規則」が改正され、犬等の動物を日本へ輸入する場合にはマイクロチップの装着が義務化されました。ご利用の各空港の検疫所へお問合せ下さい。

動物検疫所 所在地一覧
http://www.maff.go.jp/aqs/sosiki/address.html

マイクロチップの必要性

犬や猫などの動物の飼い主さんは、その動物が自分の所有であることを明らかにするためにマイクロチップの装着等に努めるよう、動物愛護管理法で特に所有明示措置として定められています。迷子、災害、盗難、事故等の際でも、耐久性が高く脱落しないマイクロチップを装着して、その情報を本会のデータベースに登録しておけば、安全で確実なペットの身元証明(所有明示)になります。

特定動物(危険な動物)や特定外来生物を飼育する場合には、その動物ごとにマイクロチップの装着が義務づけられています。特定動物は地方自治体(都道府県)へ、外来生物は環境省(地方環境事務所)へ、それぞれマイクロチップによる個体識別番号等を届け出るなどしてその動物の飼養等の許可を受けなければなりません。また種の保存法の対象種にもマイクロチップを装着して指定機関に登録する必要があります。

犬や猫を海外(外国)から日本に持ち込む場合に必要である動物検疫を受けるためには、マイクロチップ等で確実に個体識別をしておかなければなりません。また、海外、特にマイクロチップが義務化されている国に、飼育者と一緒に犬や猫を連れて行くときには、マイクロチップの装着が必要です。