(2022.1.7掲載)
県内及び国内における豚熱(CSF)発生状況について

農林水産省ホームページ詳しくご確認ください。

家畜衛生の最新情報は、三重県ホームページをリンクでご覧ください。

三重県の野生いのしし豚熱検査結果について

(2021.12.27掲載) 三重県農林水産部長から、年末年始等に向けたアフリカ豚熱、豚熱、ロ蹄疫、高病原性鳥インフルェンザ等に関する防疫対策の徹底について

三重県(津市)におけるCSF(豚熱)の患畜の確認について
三重県ホームページに
2021.4.15にFAX・メールにて、産業動物臨床部会員に通知しました。

三重県(伊賀市)におけるCSF(豚熱)の患畜の確認について
2021.1.2にFAX・メールにて、産業動物臨床部会員に通知しました。

豚熱の発生に伴う対応について (三重県農林水産部)
12月29日に県内で発生した豚熱の防疫措置が1月7日に完了し、翌日、第2回三重県豚熱対策本部員会議が開催されました。本会議では、経過報告と今後の予定について検討が行われましたので、その資料を添付します。pdf
2021.1.11にFAX・メールにて、産業動物臨床部会員に通知しました。(2021.1.12掲載)

三重県ホームページ関連情報が詳しく掲載されています。
また、随時情報が更新されますので、貴重な資料として参考にしてください。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

(2021.12.8掲載) 国内における高病原性鳥インフルエンザ発生状況等

国内において高病原性鳥インフルエンザの発生に伴う監視体制強化の再徹底について(2021.11.26掲載)

令和3年度 鳥インフルエンザに関する情報について:農林水産省 (maff.go.jp) (2021.11.12掲載)

令和3年度高病原性鳥インフルエンザ等の防疫対策の徹底について

新着情報は、農水省ホームページの報道発表資料から確認してください。
国内における発生状況
については、農水省ホームページで順次更新されます。

最新情報は、上記農水省ホームページでご確認ください。

野鳥における高病原性鳥インフルエンザウイルス情報について、環境省のホームページをご参照ください。
環境省_高病原性鳥インフルエンザに関する情報 (env.go.jp)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

重要 (R3.11.26掲載) 医薬品指示書に必要な獣医師の「押印」は、要らなくなりました。

「飼料等検査実施要領の制定について」等の一部改正について(2021.11.26掲載)

① 施行(三重県)

② 別紙、改正(新旧対照表) 

②をご覧ください。大変重要な改正です。農水省の新旧対照表でご確認ください。
今まで指示書発行に獣医師の押印が要りましたが、この改正で、記名だけで発行できます。獣医師名は手書きでなくても、ゴム印や印字で良くなりました。どうぞ切り替えをお願いします。お知らせが遅くなり申し訳ございません。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

ゴールデンウィーク時の防疫対策について  三重県中央家保より(2022.4.28掲載)

ゴールデンウィークにおける豚熱、アフリカ豚熱、口蹄疫、高病原性鳥インフルエンザ等の防疫対策の徹底について(2022.4.27掲載)

飼養衛生管理基準クロスコンプライスへの対応について(2022.4.27掲載)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

日本獣医師会から関係者への周知依頼があって、掲載します。
子牛登記取扱い方法の改正について
改正理由:家畜改良増殖法の一部を改正する法律及び家畜遺伝資源に係る不正競争の防止に関する法律が施行されたことを受け、上記法律の改正が行われました。

 

*****************************************************************************

令和3年度家畜伝染病防疫講習会お知らせ
 PDF ←でご確認ください。

2021.10.7掲載
最近のダニ媒介感染症の国内発生状況について

2021.9.21掲載
家畜改良増殖法の第4条に基づく検査及び第9条の2に基づく獣医師の診断時の検査の変更について

「家畜改良増殖法の一部を改正する法律の運用について」の一部改正について

2021.4.13掲載
特定家畜伝染病防疫指針の一部改正及び特定家畜伝染病防疫指針に基づく発生予防及びまん延防止措置の実施に当たっての留意事項の一部改正について(通知) 掲載ホームページ:特定家畜伝染病防疫指針について:農林水産省 (maff.go.jp)

家畜伝染病予防法第12条の3の4に規定する令和3年度三重県飼養衛生管理指導等計画の策定について(通知)
ホームページ:三重県|家畜衛生:三重県飼養衛生管理指導計画 (mie.lg.jp)

2021.3.16掲載
飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令の一部改正
「水産用ワクチンの取扱いについて」等の一部改正

成年被後見人等の権利の権限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律の公布に伴う動物の愛護及び管理に関する法律施行規則等の改正について(施行通知)2019.11.6掲載

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第二条第十五項に規定する指定薬物及び同法第七十六条の四に規定する医療等の用途を定める省令の一部改正について(施行通知)2019.11.1掲載

動物用医薬品及び医薬品の規制に関する省令の一部を改正する省令の制定について(2019.9.6掲載)

「飼料の有害物質の指導基準及び管理基準について」の一部改正について(2019.8.26掲載)

獣医師法施行規則の一部改正について(通知)(2019.8.21掲載)

獣医師法施行規則の一部改正について(通知)(2019.8.20掲載)

覚せい剤原料を指定する政令の一部を改正する政令の公布について(2019.7.16掲載)

麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令及び麻薬及び向精神薬取締法施行令の一部を改正する政令等の公布について(通知)2019.7.16掲載

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法令第二条第十五項に規定する指定薬物及び同法第七十六条の四に規程する医療等の用途を定める省令の一部改正について(施行通知)2019.7.10掲載

飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令等の一部改正について(2019.6.18掲載)

食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件及び食品衛生法第11条第3項の規定により人の健康を損なうおそれのないことがあきらかであるものとして厚生労働大臣が定める物質の一部を改正する件について(2019.6.17掲載)

動物用医薬品等取締規則の一部を改正する省令の制定について(2019.6.17掲載)

獣医療法施行規則及び告示の一部改正について(2019.5.10掲載)

動物用医薬品等取締規則の一部を改正する省令の制定について(2019.5.13掲載)

獣医療法施行規則及び告示の一部改正について(2019.5.10掲載)

飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令等の一部改正について(2019.5.7掲載)

獣医療法施行規則及び告示の一部改正について-通知-(2019.4.17掲載)

動物用医薬品等取締規則の一部を改正する省令の制定について(2019.4.16掲載)

飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令等の一部改正について(H31.1.22掲載)

飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令等の一部改正について(H31.1.15掲載)

薬剤耐性対策普及啓発ツールの周知及び活用について(H31.1.15掲載)

脳機能の向上等を標ぼうする医薬品等を個人輸入する場合の取扱いについて(H30.12.20掲載)

動物用医薬品及び医薬品の使用の規制に関する省令の一部を改正する省令の制定について

三重県からの情報提供「動物用医薬品及び医薬品の使用の規制に関する省令の一部を改正する省令の制定について」(H30.12.12掲載)

デキサメタゾンの休薬期間の延長 (H30.11.13掲載)

動物用医薬品及び医薬品の使用の規制に関する省令の一部を改正する省令の制定について(H30.9.28掲載)
http://mie-vet.com/wp-content/uploads/2018/09/e4affdb33ea84c49f09874d1fbae2bf8.pdf
飼料および資料添加物の成分規格等に関する省令等の一部改正について(H30.7.17掲載)
改正内容はこちらです。文書PDF 別紙1.2PDF
施行期日は、平成30年7月2日です。

【お知らせ(農水省)】AMR対策普及啓発動画(獣医師・生産者向け)を 農林水産省 畜水産安全管理課 薬剤耐性対策班が、このたび獣医師や生産者の方向けに、AMR対策のポイント、抗菌剤の慎重使用の考え方、薬剤感受性試験について紹介する動画を作成しました。その情報提供が日本獣医師会からありましたので、お知らせします。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/yakuzi/amr_movie.html
【動画の内容】
(1)薬剤耐性(AMR)対策~獣医師、生産者が知っておくべきこと~
(2)薬剤耐性対策抗菌剤は慎重使用を!
(3)現場で行う検査(薬剤感受性試験)
日頃の業務の中でAMR対策にお取り組みいただく際、動画の内容を参考にしていただけましたら幸いとのことですので、どうぞご活用ください。
なお、(3)は(1)、(2)と比べると専門的で、検査法の手技をご紹介する内容となっています。

豚に使用するガミスロマイシン製剤のリスク管理措置(H30.6.12掲載)
コリスチン製剤は第二次選択薬になります。

薬剤耐性(AMR)対策および動物用抗菌性物質製剤の関連情報
・11月は薬剤耐性(AMR)対策推進月間です。
農林水産省消費・安全局畜水産安全管理課長および三重県農林水産部長より通知がありましたので、抗菌剤の慎重使用等のさらなるご了知のほどをお願いします。
抗菌剤の慎重使用に資するため、ガイドブックPDF
畜産家畜関係
愛玩動物関係