狂犬病予防注射は、飼い主の義務です。 

狂犬病予防注射は、法律により義務付けられています。

狂犬病予防法

1年に1回、狂犬病予防注射を受けさせましょう。
狂犬病は、一度発症すると完治できない危険な人獣共通感染症です。
しかし、飼犬に1年に1回、狂犬病予防注射を受けさせることで、予防はできます。

大切な犬を狂犬病から守り、犬から飼い主への感染も防げます。
そして、周りの人や他の動物への感染も防げます。

毎年、4月~6月は、狂犬病予防集合注射の実施期間です。期間内に集合注射に行くことができなかったときは、かかりつけの動物病院で受けることもできます。

お住まいの市町が行う集合注射の日程は、市町政だよりおよび広報や自治会回覧板で確認してください。
もし、期間内に集合注射に行くことができなかったときは、かかりつけの動物病院で受けることもできます。
予防注射は必ず、どちらかの方法で受けるようにしょう。