目の不自由な人の伴侶となる盲導犬ですが、その育成費用は1頭当たり500万円かかると言われています。
また、その費用のおよそ9割は寄付金で賄われているのが現状です。
1頭でも多くの盲導犬を社会に普及させるために公益社団法人三重県獣医師会は、県民のみなさま並びに関係団体や会員獣医師の協力を得て、毎年募金活動を行っています。今年度も集まった募金の全額を 令和2年3月9日月曜日に、三重県吉田山会館2階会議室にて、社会福祉法人中部盲導犬協会様と三重補助犬普及協会様におくる贈呈式を行います。みなさまのご支援に心からお礼申し上げます。このほか、三重県内で活躍している盲導犬に対し、毎年「狂犬病予防注射」を三重県獣医師会負担で接種活動を行っています。