マイクロチップ登録無料期間が6/30まで延長されました(2022.6.6掲載)

日本獣医師会から環境省データベースへのMC登録紙申請用紙サンプルを入手しました。
ただ、環境省からは9割オンラインを目指すよう言われておりますので、基本的には紙ではなくオンライン登録へご誘導頂けますと幸いです、との事です。

登録手続きは、飼い主さんご自身で、オンライン(パソコン・スマホを使って) 登録をしていただきます。
登録料は、7/1から300円です。
登録サイトは、こちら→犬と猫のマイクロチップ情報登録 (env.go.jp) です。

ネットが使えない等で、登録が難しい場合は、用紙で登録することができます。
その場合の様式は、次のとおり3種類あります。

申請にかかる料金はそれぞれ違います。ネット申請に比べると高くなります。
日本獣医師会申請対応窓口 ☎03-6758-6170 へ電話依頼すると下記の申請書が希望者に郵送されます。

1.登録申請書手続きについて 

2.変更登録申請書手続きについて

3.再交付申請書手続きについて 

チップ登録Q&A
Q、6/1以降は、装着証明書を発行するのみですが、6/1まで、すでにマイクロチップが挿入されていた場合は変更手続きを飼い主さんが無料で出来ましたが、今後、マイクロチップを挿入してAIPOに登録してあるワンちゃんの環境省のデータベースへの登録はどうすればよいのでしょうか?

A、無料期間が延長となり6月30日になりました。日本獣医師会の移行登録サイトから登録すると無料になります。7月1日以降は環境省DBの登録は300円の手数料がかかります。
 https://www.aipo.jp/transfer/  にも記載されていますのでご参照下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このたび、三重県医療保健部から『マイクロチップの装着義務化について』メールで文書が送られてきました。

6月1日(水)からの登録時に使えます。登録用紙については、いまだ不明です。
ワードで、装着証明書の記入例と用紙を添付しますので、ご活用下さい。(2022.5.19掲載)

装着証明書、記入例と用紙   法規制によるマイクロチップの装着等義務化について

上記2つのデーターをPDFにしました。ご参照ください。

PDF版】            【PDF版