三重県獣医師会は本会津支部の協力のもと、11月13日(日)に行われました三重県・津市総合防災訓練に参加し、避難と救援の両方を体験しました。ここで発揮できる獣医師の役割は、獣医療に携わる開業獣医師による、「人と共に避難してきたペットの治療と救護活動」です。三重県では毎年、県と県内の市や、地域とが協力して総合防災訓練を行っています。三重県獣医師会もその都度、各開催地域の支部が参加をし、災害時の防災訓練を行っています。

災害時の備え、”ペットのマイクロチップ”

以下、三重県知事をはじめ、津市長、三重県消防長会会長より書面をいただいております。
scan